趣味の総合サイト ホビダス
 
ゲーム好きなリーマンの日常を綴ります。

無線LANはとりあえず他メーカー製品との相互接続を保証するWi-Fiに認定されており、汎用性が高いIEEE802.11bと、これと互換性を保ちつつ54Mbpsまで高速化したIEEE 802.11gに両対応したものを選べば間違いない。
IEEE802.11a対応機器は少ないので無視してオーケーだ。

また時期高速規格として期待されているIEEE802.11nにも注目。
IEEE 802.11gは54Mbps対応といっても、実効速度はせいぜいその半分だ。
しかしIEEE802.11nなら実効100Mbps、将来的には実効200Mbps超で接続できるのだ。
ただし、現在のIEEE802.11n対応製品は、プレ標準規格のドラフト2.0に準拠したもので、規格の正式認証は2008年以降。
正式規格との互換性があるかはまだ不透明なのが欠点だ。

欲しい製品を選んだら、次はいかにして安く買うかだ。
大手量販店は10%以上のポイント還元や、値段交渉の余地があるといったメリットもあるのだが、PC周辺機器や家電を買うなら絶対ネット通販の方が安い。

コメント

コメントする